仕事と直結した知識や技術を学ぶ

イラスト好きの人はグラフィックデザイナーとしての仕事の中身を学校で身近に感じましょう。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

専門ソフトも使うグラフィックデザイナー

イラストを描くのが好きな人はグラフィックデザイナーに向いているかも知れません。
最近では、グラフィックデザイナーの養成学校があちこちにあります。
専門学校もあり、大学や短期大学でデザイン関係の学部の中にグラフィックデザイナーになるために必要な知識や資格を取れるところもあります。
知っておきたいのは、グラフィックデザイナーになりたい人は特に資格などの条件で制約を受けることはないということです。
逆に、アート系の仕事なのでデザインやイラストが作れなかったらどうしようもありません。
構図から始まり、写真や文字などのデザインや色、配置、これがトータルに考えられなければ、学校でいくら勉強しても向いているとは言いにくいでしょう。
依頼主の意図を汲んで、デザインにどのような情報を載せたいのかをすぐに理解できないのであれば、仕事として成立しません。
センスとコミュニケーション能力が求められる仕事です。
印刷物やWeb上で人々の目に止まるデザインをクリエイトするのです。
IllustratorやPhotoshopなどのソフトを駆使して制作するのが常識になっていますから、専門ソフトの習熟は、センスアップとは別に力を入れないといけません。
これが苦手な場合は、そうしたグラフィック系ソフトについて教えてくれる学校に通うほうがよいかも知れません。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.