仕事と直結した知識や技術を学ぶ

建築士や宅建といった法律についての知識が多く問われる資格取得のためには、学校で必要な知識を得た後は現場で学びます。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

建築士と宅建、この分野の資格は厳しい

建築士や宅建関係の資格は、人が中に住んだり仕事をしたりする大切な建物に関するものですから、正しい知識を身につけて受験しなければ受かるはずもありません。
建築士には一級と二級とがあり、学校の教室に座って黒板に向かっているだけでは身につかない種類の勉強を要求されます。
人が中に入るハコもの造りで、人命に関わるからです。
一級・二級とも国土交通大臣が定める建託関係の科目を受講し必要な単位を取得していることが最低条件で、大学や専門学校で専門知識は学んでいないが独学しましたというのでは、この資格には手が届きません。
卒業後すぐに受験資格が得られるのではなく、実務経験といって実際に建築関係の職場で経験を積んでからようやく挑戦できるのです。
特に一級建築士の場合は、二級建築士の資格を取得して後更に現場で研鑽を積む必要があります。
また、宅地建物主任者試験という資格はよく宅建と省略されていますが、この資格がないと宅建関係の事務所を構え、あるいは取引することはできません。
店員として働くことは可能ですから、仕事をしながら受験勉強をするというのもいいでしょう。
しかし宅建はかなり難易度の高い試験で、20%以下の合格率です。
気を引き締めて準備に取りかかりましょう。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.