仕事と直結した知識や技術を学ぶ

社労士の資格で企業の人事部や総務課で活躍できるチャンスがめぐってきます。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

労働問題について人事部で活躍

せっかく就職したのに病気になったり失敗したり、果てには解雇になるなど、長い人生には思わぬ挫折があったりします。
そんな雇用にまつわる問題に対応できる資格として社労士というのがあります。
社会保険労務士というのが正式名ですが、厚生労働大臣が認定する国家試験に合格すると、社労士の資格が得られます。
通学で専門知識を得て、受験準備をするのが一番確実です。
通信教育や独学という道を紹介しているサイトもありますが、職場でのさまざまなトラブルを想定しての解決策を模索するためには、やはり多くの事例を聞いて考えられるような学びの環境が求められます。
学校に通っていても、独習用の参考書を買って自宅でなど空き時間にいろいろな事例を知るように心がけましょう。
病気や怪我など労働災害の問題も、近年の多様化する就労状態では正確に把握する必要があります。
労働基準法、雇用保険法、健康保険法、国民年金法・厚生年金法など社会保障制度に関する知識も求められます。
これら複数の法律を熟知するだけでもそうとうな時間を要します。
人事や総務関係の職場では、近年この資格はとてもニーズがあるとされています。
雇用と失業のトラブル解決のためにも、今後ますます注目される資格なのです。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.