仕事と直結した知識や技術を学ぶ

国家資格の中には、会計関連の難関試験もあり、評価も高くなっています。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

会計関係もある

資格の中には、会計関係のものがあり、会社経営などに影響を与えるものがあります。
難関国家資格もあり、年数を掛けて、ようやく取得した人もいます。
もちろん、資格学校などに通うことで、見事合格者が出ていることも確かです。
そんな会計関係の資格として有名なものは、やはり、公認会計士になるでしょう。
企業は、決算を行いますが、上場企業の場合、外務監査を必要とします。
公認会計士がそれに当たり、会社の決算にタッチするため、お金の流れから経営へのアドバイスも可能です。
また、税理士も、会計関係に含めることができるでしょう。
その名の通り、税務関係の専門家であり、会社のみならず、個人の節税などをアドバイスすることができます。
脱税は当然違法ですが、節税に関しては、国税庁でも推進している面があります。
たとえ税理士に相談しなくても、そういう面を個人で努力することも大事でしょう。
ただし、税理士の場合、社会人受験者が多いですが、必須科目が多いため、合格まで長い年月が掛かります。
できれば、学生時代から始めるのが、ベストのようです。
さらに、社会保険労務士も、会計関連の資格に含めることができるでしょう。
社会保険の手続きなどを代行できますが、調停などで弁護活動も行えます。
しかし、労働関係の事件に限るため、労働問題の専門家でもあるでしょう。
なお、最近では、資産運用のアドバイザーとして、ファイナンシャルプランナーが人気を呼んでいます。
難関国家資格ではないですが、税理士などと兼用し、業務範囲を広げている人もいます。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.