仕事と直結した知識や技術を学ぶ

法律関係資格と言えば、司法試験、司法書士、行政書士になるでしょう。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

法律関係を目指す

資格と言えば、国家資格が有名ですが、中でも法律関係のものが、最も有名であり、権威の高いものでしょう。
専門学校などに通い、働きながら学んでいる人もいます。
もっとも、試験革などが行われ、かつてとは異なって制度となっているものがあります。
それが司法試験になります。
弁護士、裁判官、検察官を育てるための試験でもあり、今では法科大学院に通い、司法試験を受験するのが、王道となっています。
しかし、かつての司法試験のような予備試験もあり、それに合格することで、法科大学院卒業と同程度になり、本番の司法試験を受験することができます。
また、司法書士も、司法試験と並び、難関国家試験の一つです。
土地登記業務が主要となりますが、認定司法書士となれば、簡易裁判所で弁護活動もできます。
不動産関連企業とのつながりを保つことで、業務を継続できる可能性が高くなります。
さらに、行政書士があります。
これは、第三の法律関係資格とも言え、行政機関への書類作成が主要業務となります。
弁護活動はできませんが、書類作成代理まで権限が付与されているため、本人に代わって、書類提出などもできるようになっています。
以上、三つの資格が、法律関係として有名なものです。
いずれも、法律資格専門学校で学ぶことができ、社会人から挑戦している人も、数多くいるようです。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.