仕事と直結した知識や技術を学ぶ

多くのパソコンで使用されているExcelやWordなどには、これらをどれだけ扱えるかを評価する資格であるマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト、略してMOS試験というのがあります。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

MOSという資格

近年では、企業だけでなく一般家庭でもパソコンが普及していて、子供や大人、老人など老若男女が普通に使用しているような状況になっています。
そんなパソコンで使用されるソフトウェアとして最も有名であるものにMicrosoft office製品というものがあります。
これは、企業から個人まで幅広く利用されているものであり、その代表的なソフトには、WordやExcel、PowerPointなどがあり、これらは通常の学校の授業の一環として使い方を学ぶ場合もある程に世間一般に浸透しているものであると言えると思います。
また、これらには「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」略して「MOS」と呼ばれる資格があります。
この資格は、WordやExcelなどのソフトをどの程度扱えるのかを客観的に証明してくれる資格であり、パソコンを使用する仕事に就く場合には、有利になることが多い資格であると言えます。
また、このMOSの資格を得るための試験は、WordやExcel、PowerPointなどアプリケーションごとに試験科目を選択することが出来るため、Excelのみを受験することも出来ます。
また、Office2003・2007・2010などバージョンごとに試験を受けることが可能であるなど、かなり細かく選択することが出来ます。
また、同一バージョンの科目にすべて合格すると「オフィスマスター」という称号を得ることが出来ます。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.