仕事と直結した知識や技術を学ぶ

日本の法律における義務教育では、小学校と中学校の9年間が対象になりますが更にその上に高等学校という教育機関があり、これに進学するためには個々の学力に合った学校を受験する必

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

高校について

主に私達日本人に対して適用される法律では、小学校と中学校の合計年数である9年間に渡る教育機関での教育のことを義務教育と呼んでいて、私達日本のすべての国民は、教育を受ける権利があり、また、国としては、すべての国民に対して教育を受けさせる義務があるというものであるため、基本的には、この小学校と中学校の9年間は必ず学校に通う必要があるとされています。
しかし、この義務教育に該当する小学校と中学校の更に上の年齢を対象にした教育機関というのも存在しています。
まず、中学校を卒業すると進学することが出来るようになるのが「高等学校」一般的には高校と呼ばれる学校で、より高度な授業などを受けることが出来ますが、ここからは、義務教育制度の外であるため、それぞれの高等学校にはレベルやランクが存在していて、入学するための試験もあるため、小学校や中学校のようにただ在籍していれば無条件で進学することが出来るというわけではなく、自分の学力に見合った高等学校を受験して、試験を突破する必要があります。
また、受験に失敗してしまうと浪人生になってしまって、高校に進学するためには一年間待って再び入学試験を受けて合格する必要があるため、これを選択すると他の1年生よりも年上なのに同級生という結果になってしまうため、高等学校を受験する時には注意が必要です。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.