仕事と直結した知識や技術を学ぶ

基本的に私達は、社会に出るまでの間に学校と言う教育機関で様々な知識を学び、経験を積むことになりますが中でも小学校と中学校の9年間は義務教育という制度によって必ず学ぶ必要が

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

義務教育とは?

基本的に私達日本人は、幼少期から成人するまでの数十年の間に、社会に出てから必要になる知識や一般常識、マナーやルール、協調性や他人とのコミュニケーション能力の向上などいろいろなものを学ぶことになります。
そして、主にこれらのことを学ぶのは「学校」と呼ばれる施設であり、この学校に通うことによって、成人して社会に出る時に必要な知識や経験を得ることが出来ます。
また、この学校には、年齢によって小学校、中学校、高等学校など通う学校が異なり、年齢が上になるにつれて、より高度な知識や経験を積むことが出来るようになっています。
そんな学校の中でも、小学校と中学校の二つは「義務教育」と呼ばれるものであり、日本の法律では、日本の全国民は「教育を受ける権利」があり、逆に国は全国民に対して「教育を受けさせる義務」があるとされているため、基本的には小学校の6年間と中学校の3年間の合計9年間は、然るべき教育機関において基本的な知識や経験などを学ぶことが許されていると同時に、最低でもこの9年間は小学校や中学校に通わなければならないということになります。
また、この義務教育という制度は日本以外にも様々な国にある制度ですが国によって制度の内容が異なる場合が多いため、これはあくまでも日本の法律に基づいた義務教育制度であると言えます。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.