仕事と直結した知識や技術を学ぶ

アートディレクターになるのは8つの条件が必要で、デザインに関する専攻学科のある学校で学ぶのが一番の近道です。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

アートディレクターの種類

「アートディレクター」には2つの種類があります。
1つ目には映画や演劇などの衣装や舞台装置、小道具や照明などを指導する人の事です。
美術監督とも呼びます。
2つ目には広告の制作に当たって、デザインやコピーなどを総合的に企画し決定し制作を行う人の事です。
英語ではArt Directorと描くので頭文字をとり略して「AD」と呼んでいます。
アートディレクターになるのには8つの条件があります。
一番にはリーダーシップがある人です。
次に多くの人と一つの物を作る事が好きな人です。
更にエンターテイメントに興味があって、段取りやスケジュール管理が出来る人でなければなりません。
コミュニケーション能力と理解力も不可欠です。
又、プレゼンテーション能力、体力、責任感も当然必要な条件となります。
これらの能力を生まれながらにして兼ね具えている人もいるかもしれません。
ですが、それは万に一つです。
アートディレクターになる為に学ぶ事でこれらの条件を始めて満たす事が出来るようになるのです。
アートディレクターになる為にはグラフィックデザインやイラストデザインのある学校の学科で学ぶ事が必要です。
他には、広告デザインや雑誌編集デザイン、WEBデザインなどを専攻学科のある学校で学ぶ事です。
キャラクタデザイン、グラフィックデザインを学ぶのもアートディレクターへの近道になります。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.