仕事と直結した知識や技術を学ぶ

マイクロオフィススペシャリスト言う資格は事務部門や営業部門の就職に大変有利だと言う事です。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

就職に有利のスキル

「マイクロオフィススペシャリスト」と言う言葉を皆さんは御存知でしょうか?
実は私は初めて耳にした言葉です。
「マイクロソフト社」が大変有名なので、「マイクロソフト社」に関する資格で、おそらくパソコンに関する事を意味するだろう、私にはその程度の知識しかありません。
「マイクロオフィススペシャリスト」は英語でMicrosoft Office Specialistと書き、略して「MOS」と呼ばれています。
マイクロソフト社が認定するMicrosoft Officeに関する国際資格です。
国家資格ではなく民間資格です。
実施国はアメリカ合衆国ですが、日本ではオデッセイコミュニケーションが運営と実施を行っています。
Microsoft Officeと言えば、世界中の企業で使用されていて、その知名度や活用度は非常に高いと言えます。
実際に私の職場のパソコンもMicrosoft Officeを導入しています。
特に事務部門や営業部門ではMicrosoft Officeは必要不可欠です。
その為に、Microsoft Officeを使いこなせる人「MOS」はMicrosoft Officeを導入する企業にとって大変重宝する存在となるのです。
「MOS」の資格を持っていると言うだけで就職は大変有利になります。
そして国籍や年齢に制限なく誰でも挑戦できるのも魅力と言えます。
試験は全国一斉に決められた日時に行われますが、パソコンスクールや専修学校では随時試験が行われています。
パソコンに興味のある人には興味深い資格です。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.