仕事と直結した知識や技術を学ぶ

不動産業を営むには「宅建主任者」は必要不可欠で、国家資格の中でも知名度と活用度が非常に高い資格です。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

不動産業界のエキスパート

不動産業を営むには「宅建主任者」が絶対に必要です。
言い換えると「宅建主任者」なしの不動産業の経営をする事は出来ないのです。
それ程、不動産業界において「宅建主任者」は重要な位置づけにあります。
「宅建主任者」の正式名称は「宅地建物取引主任者」で略して「宅建主任者」と呼んでいます。
その「宅建主任者」と言う資格は国家資格で、国家資格の中でも知名度と活用度は群を抜いています。
「宅建主任者」の仕事は大変やりがいのある仕事です。
「家を買う」と言う事は一般人にとって一生の中で一番大きな買い物です。
多額のお金が動くにも関わらず不動産に関する知識や経験のない方が多いのが現実です。
そんな方達の強い味方が「宅建主任者」です。
不動産に関する法律を元に的確なアドバイスや提案を行ってくれます。
又「宅建主任者」にしか出来ない仕事もあります。
それは不動産取引を公正に行う為に、取引前に買主・貸主の双方に物件の説明を行います。
賃貸住宅の契約の際にも必ず「宅建主任者」は資格証を提示して説明をしています。
実は、随分以前の事ですが不動産会社の営業マンをしていた主人に「宅建主任者」の資格を取る様に勧められた事があります。
通信教育の講座を受講しましたが、難しく挫折しました。
専門の学校に通うか、資格を取る為の学校の講座を受けるのがベストだと思われます。
ハードルはかなり高いようです。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.