仕事と直結した知識や技術を学ぶ

ホームヘルパーの仕事内容と、ホームヘルパーの資格を取得する方法を調べました。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

ホームヘルパーの資格

就職難と言われている現代ですが、介護の仕事の求人は非常に多くあります。
長寿国と言われる日本の高齢者の数は全人口の約4分の1です。
その高齢者が皆、元気で長生きしている訳ではありません。
その大半が介護を必要としているのです。
その為に介護の仕事をする人の需要が年々高くなっているのです。
その背景として「ホームヘルパー」の資格を取る人が非常に増えています。
実際に、ハローワークでも就職先が見つからない人達の為に「ホームヘルパー」の資格を取得する事を進めています。
その為の助成金や補助もある位です。
高齢者や身体障害者の日常生活の手助けを行うのが、ホームヘルパーの主な仕事です。
具体的には食事を作ったり洗濯をしたり買い物に行ったりします。
それ以外には車椅子やベッドへの移乗、ベットで寝ながらの体位交換などもあります。
ホームヘルパーとして働くには「ホームヘルパー」の資格を取得することから始めましょう。
ホームヘルパーの資格は1級〜3級がありますが、介護で必要とされている資格は2級です。
養成学校もありますが学校に通わなくても資格は取得できます。
国が定めた「ホームヘルプ要請講座」を受講すれば、資格を取得できます。
学歴や年齢制限がないのが大変魅力です。
やる気さえあれば誰もが取得できる資格でもあります。
但し、体力が必要です。
又、コミュニケーション能力も非常に重要です。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.