仕事と直結した知識や技術を学ぶ

マイクロソフト社のよく知られたソフトをどこまで使えるかを問うこの資格は、一般の学校で十分準備できます。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

マイクロソフトオフィススペシャリストとは

MOSと省略されるマイクロソフトオフィススペシャリストは、その名前の通りマイクロソフト社のオフィスを自在に使いこなせるスペシャリストの資格です。
この資格は特別な単位の取得が求められるようなものではなくて、皆が知っているマイクロソフトオフィスの各ソフトをどれだけ使いこなせるかを問われるだけのものです。
しかしオフィスの中にはいくつかアプリケーションがまとめて入っているので、ワードやエクセルといった誰もが使えるものの他にも、パワーポイントなど誰もが使うとは言えないものも含まれています。
アプリケーションごとに資格が別れているが幸いです。
これらのソフトの基本操作とその応用を具体的にどこまでできるかを問うのがこの資格です。
スペシャリストとエキスパートという2種類のコースがあって、日常的に仕事でこれらのソフトを使用するときにこれだけは知っていたいという基礎的な知識についてはスペシャリスト、どこまで応用的知識を持っているかを問うのがエキスパートというレベル分けのようです。
困ったことに、ソフトというのはどんどんバージョンアップしていきますから、一回取得した資格だからといつまでもその知識が通用するわけでもないという事情があります。
一般的な学校で学ぶ範囲のオフィスで準備可能ですし、独学もwebを使っても準備できます。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.