仕事と直結した知識や技術を学ぶ

大学を卒業してからとか、社会人として就職してから専門学校に通う人もいます。

仕事と直結した知識や技術を学ぶ

大学や社会人の進学

専門学校に進学する人を見てみると、基本的には高校を卒業してからという経路をたどる人が多いです。
しかし中には、高校卒業以外の経路をたどって専門学校に入学する人も中にはいます。
たとえば、ダブルスクールといって社会人として仕事をしながら、もしくは、大学や短大で勉強をしながら専門学校にも通って勉強をするケースです。
その他には、ワンモアスクールという方式をとる人もいます。
大学や短大を卒業した後で具体的な自分の進路を見つけ、そのための勉強をするためにあえて専門学校にもう一度進学するというパターンです。
大学を卒業した後で、専門学校に入学をし直す人は決して少なくありません。
約22000人程度の人が、このような進路を選択しているのです。
この数は、専門学校に入学する全体のうちのおよそ8%程度を占めるといわれています。
大都市の専門学校を入学先としているケースが多いです。
これだけの人数が入学するわけですから、専門学校の受け入れ態勢もかなり充実してきています。
たとえば、夜間部を設置するとか速やかに卒業できるように、修業年限を1年と設定している学校もあります。
1年というと教育が不十分な感じがしますが、就職指導システムは何ら遜色がありません。

Copyright (C)2017仕事と直結した知識や技術を学ぶ.All rights reserved.